就労支援 ほっぷ すてっぷ JOB college(ジョブカレ)とは

「働きたい」「一歩踏み出したい」と思いながら、しかし「アルバイトが続かない」「自分にできる仕事があるだろうか」「仕事を続ける自信がない」そんな悩みを持つ若者。就職すること、仕事を続けていくことに不安を感じている彼らのために、職について勉強し、仕事に必要なスキルを身につける学びの場、それが「ほっぷ すてっぷ JOB college」通称「ジョブカレ」です。


ジョブカレの目標

1カ月4万円以上を3カ月連続で稼ぐ力をつけよう!

 

ジョブカレでは…

★続けて通所することで生活のリズムを整えます。

★通所して行う内職作業、地域に出て行うボランティア活動、週1回の体育等をとおして体力と根気を伸ばしていきます。

★通所することにより、支援者や通所者とのあいさつ、仕事の連絡等をすることで基本的なコミュニケーションの力を育てていきます。

★職場見学や職場実習を行うことで、自己理解(自分の性格や価値観、考え方、態度・行動などを知ること)を深めていきます。

★履歴書や面接、マナーの学習をとおして就労のための準備をします。

★ハローワークの利用方法を学び、自分で情報収集や相談ができるようにします。

 

これらのカリキュラムと、面談や振り返りを繰り返すことにより、徐々に就労に向けての力をつけていきます。


ジョブカレの概要

対象  おおむね高校卒業後から29歳くらいまでで、就労の意思がある人

 

<本科生>

★内容

訪問・通所支援、所内での内職作業、職場見学・職場実習、面接やマナー等の座学による学習、自治体等と連携した支援プログラム

★利用料  月40,000円

(自治体のまいさぽ事業と連携)

★光熱費  月 1,000円

※利用料・光熱費は15日までに翌月分納入

★評価

1カ月ごとに振り返り、6カ月で更新

 

<研究生>

★内容

本科生プログラムに準ずる

ただし、職場実習等はなく所内のみの支援

★利用料  月20,000円

★光熱費  月 1,000円

※利用料・光熱費は15日までに翌月分納入

★評価

1カ月ごとに振り返り、3カ月で更新

 

◎見学・体験(1週間程度)は無料


ジョブカレの流れ

1 相談

 まずは電話で相談。聞き取りを行い、ジョブカレの概要や、見学・体験の説明をします。

2 見学・体験

 日にちを決め見学と体験(1週間程度)をします。

3 面接

 体験後に面談をします。

   ①見学・体験の振り返り

   ②入所の意思確認・保護者の同意確認

   ③本科生希望者には、まいさぽ事業紹介

4 入所

 書類を提出し、利用料・光熱費の納入をします。

   ①1週間の目標と課題を確認し、プログラムスタート

   ②1カ月ごとに振り返り、目標と課題の確認

   ③研究生は3カ月後、本科生は6カ月後に更新手続き

5 卒業

 「就職して・給料4万円を・3カ月」を達成すると卒業となります。 


活動の様子


利用者の声

(27歳・男性)

 ジョブカレは、行くところがなかった自分に居場所を与えてくれました。

 最初のころは行く意味などがあるのかと思っていましたが、所内に同じ境遇の人がいて、その人と話をしたり、一緒に作業をしているうちに、いつの間にか楽しくなってきて、通い続ける意味を見つけることができました。個性豊かな先生方がいて毎日来ても飽きずにいられます。

 所内実習の内職で集中力、忍耐力が身につきました。年に数回、交流会みたいなのがあるので、とても楽しみです。

 

 

(19歳・男性)

 自分はジョブカレに来て、生活リズムの改善やコミュニケーション能力の向上、プラス思考の定着等、数えきれないメリットがありました。

 ボルトの座金組み込み作業を繰り返し行うことで、時間を有効活用できるようになりました。所内の会話で体験談が聞けたり、自分自身の存在価値を見いだせたり、人間としてひと回り大きくなった気がします。外部の人と接触する機会が多いので、会話する力は自然と養われます。

 働く練習をしながら、人とのご縁を広げつつ、新しい価値観を創造するにはうってつけの場だと思っています。

 


アクセス

NPO法人ぱーむぼいす ジョブカレ飯山

  住所 長野県飯山市大字木島974-1

  電話・FAX 0269-67-0415